もし ONE PIECEファンの女子大生が起業したら/佐藤公信

◆本の内容


どこぞの大学イベントサークルが部屋の契約をしたいがために法人を設立し、主人公の女の子が無理やり社長をやらされるお話です。小説パートと解説パートが交互になっていて、会社を経営する上で知っておくべき基本的なことが学べるかもしれない内容です。



◆感想


 小説パートを読み始めてすぐに思ったのが

 会社経営を舐めんじゃねぇ!(♯゚д゚)

 でした。
 学生サークルのノリで会社を作っちゃいます。
 そして、とんとん拍子に進んでいきます。
 話としての盛り上がりどころはありませんでした。
 物語としての面白さは、あまり期待しない方が良いと思います。

 極め付けとして、ONE PIECEは、ほとんど(というか、まったく)関係ありません。
 ただの客寄せ用の文言ですね。
 ONE PIECEに惹かれて読もうと思った方は、止めておいた方が無難です。

 とはいえ、事業を行うのであれば絶対に知っておくべきことが
 平坦な言葉で分かりやすく書かれているのは事実です。
 「将来、起業したいな〜」と思っているけどその手の知識は無い学生の方や、
 経営に興味はあるけど難しい説明を読むのが苦手な人は、
 読んでみても良いと思います。

 逆に、この分野の本を何冊か読んだことがある人には物足りないかもしれません。
 超・初心者向けの内容です。

 あとは『男坂』の結末を知っているかどうかで評価が分かれそうですね。
 遊び心はある本だと思います。


◆お気に入り度


 星2つ:★★


◆日記とか雑談とか


 さて、ちょっくらいろいろやっていたら、こんな時間になってしまいました。
 時間に縛られないというのは、メリットでもありデメリットでもありますね。
 スパっと止めることがなかなかできません。
 キリが良いところまで……と考えていると、ずるずる続けてしまいます。
 そろそろ無理がきかないお年頃に突入するので、
 規則正しい睡眠を取るようにしたいのですけどね。

 規則正しいのは難しそうなので、せめて睡眠時間の長さだけは
 十分に確保するようにしたいと思います。

 というわけで、おやすみなさい(O__)Oぱたっ

 (O__)OZzz・・

スポンサーリンク

タグ:佐藤公信
posted by ササキマコト at 02:59 | ビジネス書