実況中死―神麻嗣子の超能力事件簿/西澤保彦

◆本の内容


存在は秘匿されているが実際には超能力が存在する世界を舞台にしたミステリー、神麻嗣子の超能力事件簿シリーズの長編です。Amazonさんの説明によると「他人の見た風景がそのまま見えてしまう「怪能力」を得たばっかりに、殺人やストーカー行為をそのまま「体験」してしまう恐怖!切羽詰まった女性の訴えに、神麻嗣子と能解匡緒、保科匡緒の3人は、調査と推理を巡らす。そして辿り着いた、あっと驚く真実!」だそうです。



◆感想


 ひねくれた読み方をしたので、メインのネタは途中で予想できちゃいました。
 だよね〜。
 消去法で考えれば、やっぱりアイツが“ボディ”だよね〜。

 とはいえ、良くできていると思います。
 一部の隙も無い……かどうかは分かりませんが、
 必要な情報が必要なだけで提示されて、
 それが最後にはピタリと収まる感じでした。
 まさしく「パズラー」と呼ぶのが相応しい一冊だと思います。

 あと、話の本筋とはあまり関係ないのですが、
 保科さん(を通した著者)のボヤキが個人的にツボです。
 冗談めかして書いていますが、切実な話ですね。
 分野は違いますが私も自由業なので、
 無駄に共感してしまいました。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、昨日は忘年会で飲んで食べてお喋りしてきました。
 楽しかったです(*´ェ`*)

 その代償……かどうかは知りませんが、
 今日はめっちゃ眠いです(−−)Zzz
 このブログを更新したら、お昼寝します。

 軽く5時間くらいね(−。−)ぼそっ

スポンサーリンク

タグ:西澤保彦
posted by ササキマコト at 15:53 | 小説