井上ひさしと141人の仲間たちの作文教室/井上ひさし

◆本の内容


井上ひさしさんを先生として迎えた作文教室なる文章の書き方講座を文字に起こしたものです。口述筆記っぽい内容になっています。



◆感想


 文書の書き方テクニック的な本だと思ったら、少し違いました。
 実際に行われた作文教室を文字に起こしたもので、
 読んでいると講演を聞いている気分になってきます。

 直接的な技術の話は多くありませんでしたが、読んで良かったです。
 「文章を書く上で、そんなことは考えたことも無かったよ」という内容が
 少なからずありました。
 そこがプロとアマの大きな違いなのかもしれませんが、
 日本語という言葉について、とても深く勉強されているのが伝わってきます。

 読めばすぐに文章が上手くなる、という類の本ではありませんが、
 「書くこと」に興味がある方は読んでみても良いと思います。
 何らかの気づきや刺激が得られるはずです。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、今日はクリスマスイブですね。
 実は父親の誕生日が12/22でしてね。
 クリスマスのお祝いも兼ねて○ビスビールの詰め合わせを送ったのですよ。
 5種類の○ビスビールが全部で12本入って3000円くらいのやつです。
 注文したのが12/21で、5〜10日くらいで発送となっていたので、
 まだ父親の手元には届いていません。

 そんな状況で昨日(12/23)、実家からお歳暮が届きました。

 ○ビスビールの詰め合わせでした_| ̄|○

 私が注文したのと完全に同じ商品でした(−−;

 いや、まぁ、嬉しいですけどね。

 注文したとき「これ、自分でも飲みたいな〜」と少し思ったので
 「あらあら、まぁまぁ(*´ェ`*)」なのですけどね。

 ちょっとだけ親子の絆を感じました(==;

 くそ、感性が同じだったか(;−A−)

スポンサーリンク

タグ:井上ひさし
posted by ササキマコト at 02:27 | ビジネス書