伝わる・揺さぶる!文章を書く/山田ズーニー

◆本の内容


小説などの「表現者」としての文章ではなく、ビジネス文書などの実務的な文章を書く上でのポイントがまとめられています。文法や言葉遣いなどの「どう書くか」ではなく、題材の選び方や論理構成などの「何を書くか」が中心的な内容です。



◆感想


 『井上ひさしと141人の仲間たちの作文教室』や
 『「超」文章法』を読んだときも感じたことですが、
 目からウロコがぽろぽろでした。

 文章を書くときに、そんなこと意識してなかったよ(´・ω・`)

 本書を読んで「問題定義が文章を書く上での大事な最初の一歩」と強く感じました。
 「問題定義」は「動機」や「目的」と読み替えても構いません。

 「どう伝えるか」も大事は大事ですが、まずは「何を伝えるか」です。

 どうして書くのか?

 何が目的で書くのか?

 そして、何を書くのか?

 文章を書くときには意識しようと思いました。
 ……とか言いつつ、このブログはほぼ無心で書いていますけどね(^^ゞ
 半分は記録目的なので「書くこと」を内容よりも優先しています。

 小説家のような「表現」としての文章スキルを磨きたい人の役には立ちません。
 小論文やビジネス文書のような実用的な文章のスキルを磨きたい人は
 読んでおいた方が良いと思います。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて……2015年が終わるぅ<( ̄◇ ̄;)>
 残りあと1日ちょっとです、1日ちょっと。
 あと1日ちょっとで2015年が終わります。

 このブログの更新も2015年は最後です。
 毎年恒例の1年の振り返りをしておきます。

 えっと、2015年のぴよぴよキャッチフレーズは
 「即断・即決・即行動2015」でした。

 ……うん(−−)
 結構、できたんじゃないかなぁ。

 「後でやろう」と先延ばしにすることが、だいぶ減った気がします。
 特にちょっとしたこと、使い終わったお茶碗を洗ったり、
 メールの返信をしたり、雑用的な頼まれごとを片付けたり、
 そんなことの先延ばしは劇的に減りました。
 前はそれらに取り掛かる際には「あ〜……よっこらしょっと」だったのが
 「そやっ!」くらいの勢いでやるようになっています。
 良い習慣を作ることができました。

 ということで、2015年も満足できる良い一年でした(*´ェ`*)

 以上で、2015年の振り返りを終わります。
 次は2016年ですね!
 2016年のぴよぴよキャッチフレーズは何にしようかなぁ(−−ゞ
 今日、明日でじっくり考えます。

 あっ、そうそう。
 Twitterを見てて分かったのですが、冬コミとやらが始まったようですね。
 タイムラインに、なんかいろいろ流れてきています(^^;
 「後学のために、いつか一度行ってみたいな〜」と思ってはいるのですが、
 人の群れを画像や動画で見ると躊躇するのですよね。
 私の中で、コミケのハードルは二郎ラーメンと同じくらい高いです。
 どちらもいつか行ってみたいと思いつつ、来年も行くことはなさそうですね。

 ……2015年最後の話題がコミケかいっ<( ̄◇ ̄;)>

スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 08:12 | ビジネス書