あぶない叔父さん/麻耶雄嵩

◆本の内容


主人公の優斗君は叔父さんが大好きです。叔父さんは何でも屋をやっています。優斗君の周りでは、ちょいちょい物騒な事件が起きます。しかも、ちょっとだけ不可解です。でも大丈夫です。叔父さんに聞くと、あれよあれよと言う間に真相が判明しちゃいます。世にも珍しい、探偵のいない連作短編ミステリーです。



◆感想


 久しぶりに麻耶雄嵩さんの作品を読みました。
 相変わらず、この方は性格が悪いですね!(褒め言葉)
 特に3話目の「最後の海」を読み終えたときに、そう感じました。
 あの趣向と見せて、あんな展開にしますか。
 しかも3話目に配置するあたり、憎たらしい構成ですな。(褒め言葉)

 全体的にユーモラスな雰囲気が漂っています。
 これは、ミステリーの皮を被ったブラックコメディでしょう。
 どこかシリアスになりきれない空気がありました。
 どの話も最後はいい話っぽくまとまっていますが……。

 いい話っぽくまとまっていますが……。

 いい話っぽく……。

 い、いい話……なのかな?(−A−;)

 ちなみに、本作にはドジっ子が登場します。
 確かに可愛かった。それは認めます。
 ですが、私はこのドジっ子を許容できません。
 「いっぺん、捕まってみるぅ?」と言いたくなりました。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、今日は寒くなるらしいですね。
 何十年に一度の強烈な寒波が来るとのニュースを見ました。

 今日、明日はいつも以上にぬくぬくしようと思います。
 コタツに入るのはいつも通りとして、
 エアコンも点けちゃいます。
 キムチ鍋も作りました。
 お外には一切出ません。

 みなさんも防寒対策を頑張ってくださいね(−−)ノ
 車に乗る人は運転も気を付けてください。
 平和な週末を過ごせるように祈っています(−人−)

スポンサーリンク

タグ:麻耶雄嵩
posted by ササキマコト at 03:26 | 小説