回想のぬいぐるみ警部/西澤保彦

◆本の内容


警察もののミステリー短編集です。「パンダ、拒んだ。」「自棄との遭遇」「誘う女」「あの日、嵐でなければ」「離背という名の家畜」の五編が収録されています。一応シリーズ物で『ぬいぐるみ警部の帰還』の続編ですが、前作を読んでいなくても、特に支障はありません。



◆感想


 身も蓋もないことを言うと「ぬいぐるみ警部」である必要性が皆無でした。
 ぬいぐるみ云々には賑やかし以上の意味はないですね。
 設定は個性的かもしれませんが、内容は良くも悪くも普通です。

 全体的には、可もなく不可もなくでした。
 文句を言いたくなる程つまらなくはないですが、
 印象に残っている部分も多くありません。

 もし次作が出たら惰性で読むとは思いますが、
 出なくても別に残念ではないかな〜程度の惹かれ具合です。


◆お気に入り度


 星2つ:★★


◆日記とか雑談とか


 さて、今は2016年1月27日0時30分……くらいです。
 これから大人しく寝るかウォーキングに旅立つかで迷っています。

 外は寒いです。
 ベッドの中はぬくぬくです。
 だから寝よう!

 そう語りかける自分がいます。

 2016年のキャッチフレーズは「スリム化2016」です。
 肉体的な質量も劇的に減らす必要があります。
 だから外に出よう!

 そう語りかける自分もいます。

 どちらの自分が勝つかは、まだ分かりません。
 これからお茶を一杯飲んで、その間に結論を出そうと思います。

 願わくば、外に出ような自分が勝ちますよーに(−人−)

スポンサーリンク

タグ:西澤保彦
posted by ササキマコト at 00:34 | 小説