ラブコメ/松久淳、田中渉

◆本の内容


がらっぱちな花屋の女店長が気弱な脚本家と真面目なサラリーマンに二股かけるのを脚本家の同僚の男性声優とキャバ嬢もやっている花屋の店員が茶化しつつ生暖かく見守るお話です。コメディ調の純愛?物語ですよ。



◆感想


 あらすじだけ見ると、ひっどい女ですな(笑)
 でも、なぜか純愛物語っぽい雰囲気に仕上がっています。

 ただし、タイトルにもあるように、ラブ「コメ」です。
 語り口が良くも悪くも軽くて、シリアスになりきれない雰囲気がありました。
 小説の癖に、直接読者に語りかけてくんじゃねーよ、ばーか、ばーか。

 そのため、好みは分かれるかもしれません。
 真っ当な恋愛ものの作品でありながら、
 真っ当な恋愛ものを外した作品でもあります。

 個人的には、最初「失敗したかな〜」と感じたのですけどね。
 文体や雰囲気に慣れてきたら楽しめました。
 スルメみたいな作品です。
 合わないと思っても最初の数ページで判断せず、
 半分くらいまでは読んであげてください。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、たまに早起きブームがやってきます。
 今日は5時起きでした。
 昨日も5時起きでした。
 一昨日も5時起きでした。
 その前は、覚えていないのですが、確か10時くらいでした。

 そうです。
 今日で三日目なのです。

 はたして三日坊主で終わってしまうのか。

 それとも四日目以降も続くのか。

 こう、ご期待です(−−)ノ


 まぁ、ここで報告はしないと思いますけどね(^^ゞ
 毎日更新していたときは前日の続きを書いたりしましたが、
 今はブログの更新を隔日にしていますからね。
 1日空くと前のネタが賞味期限切れな気分になっちゃうのです。

スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 08:45 | 小説