ヒートアップ/中山七里

◆本の内容


ちょっとした特異体質で、おとり捜査まで許可されている優秀な麻薬取締官の七尾究一郎が「ヒート」と呼ばれる特殊薬物を追っていたら、いつの間にか殺人事件の犯人に仕立てあげられていたお話です。ヒートの取り締まりと冤罪事件の無実の証明、はたして両立できるのか?!みたいに煽っておけば良いですかね。



◆感想


 ミステリーというよりはサスペンスっぽい雰囲気で話が進みます。
 最後の最後に「あぁ、ミステリーだった」と気付かされますが、
 それどころじゃない感が満載でした。

 そこにたどり着くまでの展開が、壮大でしたからね。
 飛行機の墜落事故から生還した人に対して
 「ごめんごめん、食い逃げしたの別なやつだったわ」と言ったくらいの
 ギャップを感じました。
 「あ、あぁ、そうなんだ。それは良かったよ」と思いつつ
 「あぁ、ごめん。そういえば、そんなのあったね」くらいの気分です。

 いえ、意外性はあったのですよ。
 「おぉ!まさか、あいつがアレでアレだったとは!」と驚愕しても良いのですが、
 個人的には山崎さんの不遇っぷりの方に、涙を禁じえませんでした。
 本作のベスト・オブ・巻き込まれ大賞受賞者は、絶対この人だと思います。

 ちなみに、本作は『魔女は甦る』 という作品の続編的な位置づけみたいです。
 『魔女は甦る』は読んでいないので、気が向いたら探してみようと思います。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、お仕事が一段落つきました。
 やほほーいヽ(´∀`)ノ

 ということで、今日は気分転換も兼ねて
 わわわIT用語辞典更新デーにします。
 用語の追加もさることながら、見えないところを、ちょこちょこ改造しますよ。

 実際のところ、急いでやる必要も無いのですけどね。
 典型的な「やっておいた方が良いけど、やらなくても困らない」ことです。
 でも、この手の類は、ずるずる先延ばしにするといつまでも残り続けます。
 スリム化2016を宣言していることですし、さっさと片付けてしまおうと思います。

 のんびり頑張りまっせp(−−)q

スポンサーリンク

タグ:中山七里
posted by ササキマコト at 13:19 | 小説