お金のことでくよくよするな!―心配しないと、うまくいく/リチャードカールソン

◆本の内容


小さいことにくよくよするな!―しょせん、すべては小さなこと』のお金バージョンです。コンセプトは「小さいことに〜」と同じですね。たまに思い出したようにお金の話題が入りますが、言わんとしていることは結局「小さいことにくよくよするな」です。



◆感想


 心構えというか、物事の考え方を説いた本です。
 大雑把に言えば「ポジティブシンキングの勧め」ですが、
 巷に溢れている本よりは、地に足の付いている印象です。

 突き詰めれば、堂々巡りで悩んでいる時間って生産的じゃないんですよね。
 大きなエネルギーを使いますが、それで物事が前に進むわけではありません。
 だったら、その悩んでいる時間とエネルギーを使って、
 少しでも前に進んだ方が良いでしょ?と受け取りました。

 特に仕事は、インプットとアウトプットの掛け合いで進みます。
 悩む(考える)というのは、インプットをアウトプットに変換する作業です。
 インプットを咀嚼してアウトプットにつながるのであれば、
 悩む(考える)ことも必要だと思います。
 でも、アウトプットにつながらないのであれば、
 ただ自分の時間とエネルギーを浪費するだけであれば、
 そんなのは止めちゃった方が良いでしょう。
 言うのは簡単、やるのは大変、なことではありますが、
 それを意識して生活しようと思いました。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、カレンダーを見ていて気づきました。
 今年はうるう年なのですね。
 プログラマであれば、うるう年の計算は誰でも通る道です。
 うるう年の計算方法は、一般的には

 1.4で割り切れる年はうるう年
 2.ただし、100で割り切れる年はうるう年ではない
 3.ただし、400で割り切れる年はうるう年

 という説明がなされます。

 この説明を見るたびにいつも思うのですが、単純に

 1.4で割り切れて100で割り切れない年はうるう年
 2.400で割り切れる年はうるう年
 3.それ以外はうるう年ではない

 という説明じゃダメなんですかね(−−?
 「ただし」が続いて分かりにくくないのかな〜と説明を見るたびに思います。

 プログラマの方、そこのところ、どーなんでしょ(−−?

スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 10:17 | ビジネス書