人造救世主 アドルフ・クローン/小林泰三

◆本の内容


人造救世主』『人造救世主 ギニー・ピッグス』に続くシリーズ完結編です。



◆感想


 円満かどうかは知りませんが、完結です。
 完結編とはいえ、ストーリーが大きく動くわけではありません。
 前の二作と同じようなノリでした。

 完全に続き物なので、本作から読み始めることはオススメしません。
 前作までを読んでみて、肌に合うようだったら本作を手に取ってください。

 個人的には楽しめましたが、
 いつもの小林泰三さんっぽいホラーを期待して読むと、
 ガッカリすると思います。
 良くも悪くもB級映画っぽいシリーズでした。


◆お気に入り度


 星2つ:★★


◆日記とか雑談とか


 さて、昨日は19時に寝たのですが、0時に起きてしまいました。
 本当は5時くらいまで爆睡するつもりだったのですけどね。
 また中途半端な時間に目が覚めてしまったものだ(−−ゞ

 二度寝もできなかったので、このブログを更新しています。
 過去の経験から言うと、きっと5時くらいに睡魔が襲ってくるはずです。

 ん〜、なんとも中途半端だな(−−ゞ

 一昨日買って、まだ開封していない『真・女神転生IV FINAL』を
 やっちゃおうかなぁ。

 でもな〜。
 始めたら一週間くらいはやりっぱなしだろうしなぁ。

 迷うな〜。

 そんなことを考えながら、このブログを更新しています。

 これから何をしようかなぁ(−−ゞ

スポンサーリンク

タグ:小林泰三
posted by ササキマコト at 01:07 | 小説