マーチ博士の四人の息子/ブリジットオベール

◆本の内容


医者のマーチ博士宅で働くメイドのジニーは、ある日、禁断の日記を見つけた。その日記の中では「殺人者」が自己の罪を告白していたのだ。日記の書き手は、自分がマーチ博士の息子だと言う。ジニーは、それが誰なのか探ろうとするが……。殺人者の日記とジニーの日記が交互に書かれ、日記の内容を読者が読む形で物語が進みます。



◆感想


 う〜ん……。
 日記のやり取り形式なので仕方ないとは思いますが、淡々と話が進みます。
 いまいち盛り上がりどころが分かりませんでした。

 期待のトリックも個人的には、微妙でしたしね。
 「ふ〜ん(−−)」って感じでした。

 意外と、ミステリーと捉えない方が楽しめるかもしれません。
 時間が進むごとに殺人者とジニーの関係性が変化していきます。
 その関係性の変化や、それに伴うジニーの行動に対して
 『アルジャーノンに花束を』に近い面白さを感じました。


◆お気に入り度


 星2つ:★★


◆日記とか雑談とか


 さて、お部屋の照明をLEDにして、ある程度の期間が経ちました。
 基本的には不満はありません。
 ただ、一つだけ困っていることがありましてね。

 地震が察知できないのです(−A−)

 紐が付いていないですからね。
 揺れた?!と思って上を見上げても、判断材料がありません。

 慣れの問題ではあるのでしょうが「揺れたと感じたら紐を見る」が
 刷り込まれていますからね。
 ついつい、見上げてしまいます。

 そして、意外とそれ以外に地震察知の方法が無いことに気が付きました。
 現在、我が家のベッドルームに瞬間的な地震察知法がありません。
 照明の紐のありがたさを、ちょっとだけ感じています。

 失って初めて分かる存在の大きさってやつですね(つд`)

スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 09:17 | 小説