浜村渚の計算ノート 6さつめ パピルスよ、永遠に/青柳碧人

◆本の内容


シリーズ七作目です。完全数のお話『シスター・メルセンヌの記憶』ナポレオンをやってみたくなる『ナポレオンが見つけてくれた』さり気ないおやじギャグと言葉遊びの『集合と孤独のジュース』まさか、あいつがあいつだったとは『魂はピラミッドを彷徨えり』の四編が収録されています。



◆感想


 さすがに7作目ともなると、マニアック度も上がってきますね。
 数学ミステリーというよりは、数学トリビアを含んだコメディっぽい印象でした。
 このシリーズの特徴として、登場人物たちは真剣ですが、
 読者からすると、どことなく緊張感に欠けるきらいがあります。
 シリアスな展開が好きな人はいまいちだと……って、
 7作目をいきなり手に取る人は少ないですよね。
 きっと1作目から楽しんでる人が多いと思うので、今さらでした。
 ご安心ください。
 ノリはいつも通りです。

 個人的には『魂はピラミッドを彷徨えり』における
 キューティー・オイラーの活躍が嬉しかったです。
 いやー、知性の片鱗を見せつけてくれましたね。
 知的でユーモラスで素敵です(人´∀`)
 きっと次作以降でも登場してくれるでしょう。
 楽しみにしています。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、2015年分の確定申告を行いました。
 e-Taxです。

 毎年のことではあるのですが、準備に時間がかかりますね。
 IEのバージョンを最新にしたり、
 そのためにWindows Updateをしたら途中で止まったり、
 トータルで3時間くらい掛かりました。
 そのうち実際にe-Taxの入力をしていたのは30分くらいです。
 後の2時間半はWindows Updateが上手く行かなくて、
 修復ツールを探してきたり何だりしていました。
 確定申告で使っているパソコンは普段使っていないので、
 いざ動かそうとすると、いろいろ面倒くさいのです。

 そんなこんなで多少の紆余曲折はありましたが、
 2015年分の確定申告が無事に終わりました\(−−)/
 いーやっほぉヽ(´∀`)ノ

 冷静に考えると大したことはしていないのですが、
 何となく大仕事を終えた気分です。
 これで2015年におさらばできます(*´ェ`*)ノ

スポンサーリンク

タグ:青柳碧人
posted by ササキマコト at 04:11 | 小説