パズラー―謎と論理のエンタテインメント/西澤保彦

◆本の内容


ノンシリーズのミステリー短編集です。「蓮華の花」「卵が割れた後で」「時計じかけの小鳥」「贋作『退職刑事』」「チープ・トリック」「アリバイ・ジ・アンビバレンス」の六編が収録されています。



◆感想


 和洋折衷で、良く言えばバラエティ豊か、
 悪く言えば寄せ集めのごった煮っぽい短編集でした。
 共通点は謎解きミステリーなくらいです。

 どの作品も、面白いと言えば面白い、微妙と言えば微妙でしたが、
 「贋作『退職刑事』」と「アリバイ・ジ・アンビバレンス」は好みでした。
 どちらの作品もキャラが立っていたので、シリーズ物にもできる気がします。
 同じキャラで他の話が読んでみたくなりました。
 「贋作『退職刑事』」の「父」も渋くていい味を出していましたが、
 「アリバイ・ジ・アンビバレンス」の委員長が好みです(*´ェ`*)

 作品間のつながりはないので、気軽に読めて、中断もしやすいです。
 隙間時間を埋める用の一冊として適していると思います。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、なんか微妙に体調がおかしいです(==;
 微妙に頭痛がします。
 微妙に寒気がします。

 でも「具合が悪い!」ってほどでもないのですよ(−−ゞ

 季節の変わり目なんで油断は大敵ですけどね。
 できるだけ美味しいものを食べて、よく寝るようにしようと思います。

スポンサーリンク

タグ:西澤保彦
posted by ササキマコト at 03:59 | 小説