○○○○○○○○殺人事件/早坂吝

◆本の内容


絶海の孤島に仲間たちでバカンスに行ったら、仮面の男が登場して、密室で殺人事件が起こって、名探偵が真相を推理する話です。ミステリーのテンプレ要素が詰まっています。



◆感想


 なかなか評価に困る一冊でした。
 ジャンルとしては、本格の皮を被ったバカミスでしょうか。

 最初の方は、とても読みにくかったです。
 体言止めが多くて、文章のリズムが気になりました。

 そこに慣れた後は、楽しく読めました。
 バカミスですが、仕掛けは凝っています。
 次作を読んでみようと思うくらいには、面白かったです。

 ただ、タイトル当てにする必要があったのかは疑問を感じます。
 個人的には、タイトルが分かっても「あっ、そう(−−)」でした。
 むしろタイトルが最初から提示されていた方が
 「あー!このタイトルってそういう意味だったのね!」と
 驚けたような気がします。

 本作がデビュー作ということも踏まえて、
 もう一冊くらいは、この方の本を読んでみるつもりです。
 追いかけるかどうかは、その後で決めます。


◆お気に入り度


 星2つ:★★


◆日記とか雑談とか


 さて、2月が終わりますね(´−ω−`)
 振り返ってみると、私なりに今月は頑張りました。
 ですが、いまいち結果が付いてきていません(つд`)

 やっている内容が、すぐ結果として現れることではないので
 仕方がないっちゃー仕方がないのですけどね。

 続けていれば成果につながる可能性は高いと思うのですが、
 それを続けるのが中々どうして大変だったりするのです(−−ゞ

 成果を感じられないときのモチベーション維持の方法を
 何か考えようと思います。

スポンサーリンク

タグ:早坂吝
posted by ササキマコト at 08:40 | 小説