株式会社タイムカプセル社 十年前からやってきた使者/喜多川泰

◆本の内容


人生に失敗した(と感じている)主人公が「未来の自分にあてたお手紙」を届ける会社に就職して、仕事を通して人生の再出発を決意する物語です。過去の自分から手紙を受け取った人たちは、何を想い、何を考えるのか?手紙を届ける立場で、その場に立ち会った主人公は、自分の身に置き換えて考え、一つの重大な決意をします。



◆感想


 「今の自分は十年前の自分に対して胸を張れるだろうか?」を
 考えさせられます。

 言葉にするととてもシンプルですが、
 普段の生活で意識しているでしょうか?

 たまには立ち止まって、考えてみても良いかもしれません。
 その助けになる本です。

 全体的には興味深く読めましたが、終わり方が不完全燃焼に感じました。
 内容に対して不満があるわけではありませんが、
 個人的には、主人公の十年後の姿にも触れて欲しかったです。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、今日はひな祭りですね。
 ひな祭りに食べるものと言えば……何でしょ?
 ひなあられ?ちらし寿司?菱餅?そんなところでしょうか。

 ぶっちゃけ、あんまり心惹かれないなぁ(´・ω・`)

 多分、今日はカップラーメンでも食べてると思います。

スポンサーリンク

タグ:喜多川泰
posted by ササキマコト at 00:59 | その他