さよなら神様/麻耶雄嵩

◆本の内容


あの神様が帰ってきた!超問題作?『神様ゲーム』の鈴木君が再び登場です。今度は連作短編形式になっています。



◆感想


 短編形式だからか『神様ゲーム』ほどのインパクトは感じませんでした。
 自称「神様」の鈴木君は底意地が悪かったですけどね。

 構成の巧みさと底意地の悪さには脱帽です。
 これだけイヤな読み味を演出できるのは麻耶雄嵩さんならではでしょう。
 相変わらずのクズっぷりが素敵でした。(褒め言葉)

 ツッコミどころも多いので、そこをスルーできるかで
 楽しめるかどうかが変わってくると思います。

 私も読んでいる途中は忘れ気味だったのですが、
 舞台は小学校です。
 登場人物たちは小学生です。

 ……マジ?(==;

 おまえら、どんだけマセてんだよ(==;
 登場人物のやり取りや主人公の語りからは
 高校生くらいな雰囲気を感じました。

 読めば分かります。
 あんな小学生たちが身近にいたら、私は嫌です。

 あと、あの人が最後の最後に見せた性質が印象的でした。
 芯の強さは元から持っていたのでしょうが、
 時間と共に昇華されてあの着地かと思うと、うっわ〜(−A−;)
 可愛らしく言ってるのが、余計に、うっわ〜(−A−;)

 前作とは、また一味違った後味の悪さです。
 「うっわー(−A−;)」な気分になりたい人にはオススメです。
 読まれる方は『神様ゲーム』を先に読んであげてください。
 その方が楽しめると思います。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、今日は天気が良いので、洗濯します。
 お散歩します。
 髪を切りに行きます。
 切らしていたお米を買ってきます。
 本を読みます。

 やることがいろいろあるので、今日はこの辺で(−−)ノ

スポンサーリンク

タグ:麻耶雄嵩
posted by ササキマコト at 10:57 | 小説