カラスの親指 by rule of CROW’s thumb/道尾秀介

◆本の内容


詐欺を生業にしている人生の落伍者・武沢は、ひょんなきっかけからテツさんと知り合い、同居することになった。2人は、ある日、1人の少女を拾う。……はずが、あと2人と1匹増えた。総勢5人と1匹での同居生活だ。少女の同居を簡単に許した武沢にテツさんは訝しげな視線を送るが、実はそれには理由があり……。過去に囚われた男たちの破壊と再生の物語です。とか書いておけば、いーかな。



◆感想


 わーい♪
 ネタバレになるので詳しくは書けませんが、
 めっちゃ好みな構成でした。

 やられちゃったなぁ、もう(*´ェ`*)

 この手のどんでん返し系は大好きです。
 若干、消化不良なまま最後の章に突入したのですが、
 それが完全に覆されました。

 最後の章がなかったら、本作品は詐欺でしたね。
 私は、やっぱり詐欺よりマジックの方が好みです。

 大満足\(−−)/

 とはいえ、好きな人は大好き、合わない人はとことん合わないと思います。
 例えば、折原一さんの作品とか好きな人は楽しめるんじゃないでしょうか。


◆お気に入り度


 星5つ:★★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、休みらしい休みを過ごしております。

 今、起きました(;−−)ノ

 やっべ。
 これから頑張って活動します(ノ∀`) 

スポンサーリンク

タグ:道尾秀介
posted by ササキマコト at 15:32 | 小説