竜宮ホテル/村山早紀

◆本の内容


作家の水守響呼は、人外の者が見える不思議な目を持っていた……が、見えない振りをして普通に暮らしていた。ある日、住んでいたアパートが崩壊する。時を同じくして、姉を探して街に降りてきた妖怪少女を拾った。状況に頭がついていかない響呼であったが、ひょんなきっかけで竜宮ホテルに移り住むことになる。ところが竜宮ホテルには少し変わった住人が多くて……。みたいなお話です。



◆感想


 か〜わいぃ(*´∀`*)
 ほんわかぱっぱな気分になれる一冊でした。

 登場人物が、みんな素敵です。
 猫耳少女・ひなぎくちゃんを筆頭に、
 個性的ながらも、魅力的な人(?)たちばかりでした。

 「大人も読める童話」という表現がピッタリですね。
 読んでいて優しい気持ちになれます。
 続編もあるようなので、機会を見つけて、読んでみようと思います。


◆お気に入り度


 星5つ:★★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、明日からゴールデンウィークが始まる人も多いのでしょうか。
 私も引きこもる準備をバッチリ整えて、
 明日からに備えています。

 ……が、風邪なのか、花粉症なのか、
 起きてから、ずっと、鼻がむずむずしているのです(〜_〜)
 うぃ、風邪じゃないといいなぁ。
 悪化しないように願っています(−人−)

 やっぱり、健康って大事ですね(−−)しみじみ

スポンサーリンク

タグ:村山早紀
posted by ササキマコト at 12:20 | 小説