僕が殺しました×7/二宮敦人

◆本の内容


僕は確かに恋人のリエを殺した。しかし、連行された会議室には「自分がリエを殺した」と語る男女が他に6人いた。そして始まる真犯人捜し。会議室に集まった自称・殺人者の7人は「自分はどうして、どうやってリエを殺したか」を語ることになった。



◆感想


 「ホラーだから」と言われればそれまでですが、
 最後の最後に物語が破たんした印象を受けました。
 あーあ、メチャクチャになっちゃった。

 設定は面白かったです。
 あらすじも面白かったです。
 各人が自白していく流れはわくわくしました。
 話が進むごとに見えてくるリエの人物像にうるうるしました。

 そして、最後に全部台無しになりました。
 思わせぶりエンドを狙ったのかもしれませんが、
 煙に巻こうとしているだけに思えます。

 途中までは、かなり面白かったです。
 その分、オチで一気に冷めました。
 多分、この作家さんの作品は、もう読まないと思います。


◆お気に入り度


 星1つ:★


◆日記とか雑談とか


 さて、今日で4月が終わります。
 1年の3分の1が過ぎました。

 あ〜!<( ̄◇ ̄;)>

 焦っても仕方がないのは分かっているのですが、焦っています。

 まぁ、頭でぐだぐだ考えていても何も始まらないのですけどね。
 悩んでいる暇とエネルギーがあったら、行動しろって話です。

 5月も適度に頑張りますよっp(−−)q

 それではみなさん、良いGWを(−−)ノ

スポンサーリンク

タグ:二宮敦人
posted by ササキマコト at 03:04 | 個人的にいまいち