カフェかもめ亭 猫たちのいる時間/村山早紀

◆本の内容


カフェかもめ亭には、謎めいたお客さまが集まる……かどうかは知らないが、今日も変な、おっと、失礼。個性的なお客さまがやってきた。彼は猫舌。大きなスケッチブックを抱えている。そして、猫の物語を語る。かもめ亭のマスターは、お客さまから猫にまつわる物語を聞きます。ちょっと不思議で、ちょっと怖くて、ちょっと暖かい物語です。構成は連作短編です。お客さまの正体は一体、何なんでしょうね?



◆感想


 「カフェかもめ亭」の名を冠してはいますが、
 前作を読んでいる必要はありません。
 本作単体で、独立した物語です。

 ひとつひとつの話もほっこり系ではありましたが、
 作品全体を通したつながりに、ほっこりさせられました(*´ェ`*)

 読み終えたあなたは、きっと暖かい気持ちになっているはずです。
 もへもへ(*´ェ`*)

 全体に漂う雰囲気はおだやかです。
 特に大事件が起こる、というわけでもありません。
 まったり優しい気持ちになりたい人に向いている作品です。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、昨日は飲みに行ったのですが、
 帰りに、酔った勢いで、数年ぶりにマックに入りました。
 お持ち帰りですけどね。

 数年ぶりにマックに入った感想は
 「セット料金が高くなったな〜」と
 「あっ!メニューがある」でした。

 そういえば、メニュー撤去の話を聞いてから
 1回も行ってませんでしたね。
 調べてみたら、メニュー撤去は2012年10月のようです。
 ということは、3年半ぶりですか。

 3年半ぶりのマックは、良くも悪くも私の知っているクオリティでした。
 うん、この味この味(*´ェ`*)
 たま〜に食べたくなるんですよねぇ。

 また数年後に行ってみようと思います。
 残っていたら(−。−)ぼそっ

スポンサーリンク

タグ:村山早紀
posted by ササキマコト at 10:43 | 小説