脱出迷路―呪い最終日/上甲宣之

◆本の内容


脱出迷路―呪い二日目』の続きであり、シリーズ完結編です。



◆感想


 わっはっは。
 相変わらず「考えるんじゃない、感じるんだ」な作品ですね。
 スピード感と無理やり感がノンストップでした。

 「おぉ、今回はいろいろ伏線を張ってたのね!」と感心は、しました。
 ミステリーっぽい雰囲気を醸し出していましたし、
 謎解きっぽいシーンもあります。
 ちゃんと、アレに意味があったのですね。
 「どーせ、ただの雰囲気作りでしょ」と思ってました。
 正直、舐めてましたよ。
 ごめんなさい。

 その一方で「いつも通り、ご都合主義だね!」と感じる部分も少なくありません。
 おまえはあれか。
 「元気があれば何でもできる」って本気で信じてる派か?
 フォローのしようがないくらい、都合の良い展開が続きます。
 最後の方なんて、混沌の極みでした(==;

 個人的には、B級感と勢いで押し切っていくスタイルが大好きなんですけどね。
 人には薦めにくいというのが正直なところです。

 例えば、山田○介さんの作品とかを許容できる人なら楽しめると思います。
 そうでないなら、避けた方が無難です。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、奇跡が起きています。

 なんと!

 やる気の神様が、まだいらっしゃるのです。

 まさか、こんな日が訪れようとは。。
 お帰りになる前に、あれやこれやとやっつけます(−−)ノ

 ということで、今日は、この辺で(−−)ノシ

スポンサーリンク

タグ:上甲宣之
posted by ササキマコト at 12:59 | 小説