ぶたぶたのお医者さん/矢崎存美

◆本の内容


ほっこり癒し系ぶひぶひファンタジーぶたぶたさんの登場です。バレーボール大のブタのぬいぐるみ、でも中身はダンディで常識人のナイスミドル、それが山崎ぶたぶたさん。今回のぶたぶたさんの役どころは……なんと、獣医さんです!人間嫌いの犬猫もぶたぶたさんの手にかかればイチコロさっ!



◆感想


 相変わらず、ほっこりぶひぶひで癒されますなぁ(*´ェ`*)
 アニマルセラピーってやつですか?そうですか、違いますか。

 外見はカワイイけど中身はしっかり者のぶたぶたさんは今回も健在です。
 ぬいぐるみであるハンディキャップをまったく感じさせず、
 落ち着いた物腰と気さくな対応で癒しと安心感を与えていました。

 人間離れしてるくせに変な人間臭さもあって
 それがまた何とも言えないほっこり感につながっているのですよね。
 安心して読めて、何となく癒されました(*´ェ`*)


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、なんか微妙に身体がダルかったりします。
 栄養のあるものを食べて、睡眠を多めにとるようにしてはいるのですが、
 身体の中にモヤモヤ感があるのですよね。

 頭が痛かったり、喉が痛かったり、お腹が痛かったりするのですが、
 ちょびっとだけなので、具合が悪いというほどでもありません。

 痒いところに手が届かない感覚に近いのですが、
 何とも座りが悪い状態です。

 もういっそのこと、熱とか出てガッツリ寝込んだ方が
 早く復調しそうな気もします。

 何ともモヤモヤした状態で嫌な感じです(−公−;

スポンサーリンク

タグ:矢崎存美
posted by ササキマコト at 02:14 | 小説