バビロンの大富豪 「繁栄と富と幸福」はいかにして築かれるのか/ジョージ・S・クレイソン

◆本の内容


古代バビロニア帝国が舞台の寓話を通して、お金の貯め方を学ぼうな本です。



◆感想


 お金の「稼ぎ方」ではありません。
 どちらかといえば、お金の「貯め方」を説いた物語です。

 手を変え品を変え……と言ったら言い方が悪いですが、
 大事だと思われる内容を複数の寓話を通して繰り返し説いています。

 個人的には「収入の十分の一を貯める」が
 一番印象に残っていますし、受け入れやすかったです。

 書かれていることは「収入の十分の一を貯める」のように
 「それが簡単にできたら、苦労しねーよ」な教えばかりです。
 ただし、それを意識するかしないかで、行動が大きく変わると思います。

 物語仕立てで読みやすいです。
 興味を持った方は、気軽に読んでみてください。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、無性に天下一品のラーメンが食べたいです。
 本当は一週間くらい前から食べたかったのですが、
 キャンペーンか何かをやっていて混みそうだったので
 我慢していたのです。

 今日はヾ(−−ゞ)

 天一を(ノ−−)ノ

 食べるぞぉ\(≧▽≦)/

 ということで、このブログを書き終わり次第、
 天下一品に突撃します。

 唐揚げ定食さん、待っててね〜(*´ェ`*)

スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 12:12 | ビジネス書