学校のぶたぶた/矢崎存美

◆本の内容


ほっこり癒し系ぶひぶひファンタジーぶたぶたさんの登場です。外見はバレーボール大のブタのぬいぐるみ、でも中身はダンディで心優しいナイスミドル、それが山崎ぶたぶたさん。今回のぶたぶたさんの役どころは……スクールカウンセラーです!いるだけで癒されそうなぶたぶたさんですが、しっかりカウンセラーの仕事をしていますよ。短編です。



◆感想


 今回のぶたぶたさんは、心なしか「キリッ☆」としていました。

 確かにぶたぶたさんなのですが、それ以上にカウンセラーです。
 悩める人の話を聞いて、思ったことを言って、
 優秀なカウンセラーっぷりを発揮していました。
 天職のひとつと言えるのではないでしょうか。

 まぁ、ぶたぶたさんは何だかんだで
 いつもお悩み相談を受けていますからね。
 そういう意味では、いつも通りです。

 ぶたぶたシリーズを読んでいていつも感心するのは、
 ぶたぶたさんが「ぶたのぬいぐるみ」である点を
 とても自然に受け入れていることです。

 「ぶたのぬいぐるみ」であるというのは、ある意味では欠点です。
 普通の人と違うところです。
 それを自然に受け入れ、むしろ強みとして活用しているのが
 素直に「すごいなー」と思います。

 私が、ぶたのぬいぐるみになっても、
 あんな風に行動できる自信はありません(^^ゞ

 見方によっては「欠点」になる部分を「個性」として捉え、
 それを「強み」に変えています。
 そんな観点で読むと、ぶたぶたさんの器の大きさを感じられると思います。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、今日で10月も終わりですね。
 終わりよければ、すべてよし!です。
 今日1日を「キリっ(−−)☆」と過ごして、
 「10月は頑張ったなぁ(´ー`ゞ」と言えるように頑張りまっす!

 まずは請求書づくりからですね。
 ぐへへへへ。

スポンサーリンク

タグ:矢崎存美
posted by ササキマコト at 08:18 | 小説