販売魔女と死の眼鏡/竹内謙礼

◆本の内容


「客の声を聞くことと、ビジネスで成功することとは関係ないわよ」と魔女は言う。貯金をはたいて鞄屋を始めたマサトであったが、接客が上手くいかないこともあり、上手くいっているとは言い難い状況であった。そんなある日、マサトは他人の心を覗ける黒縁眼鏡を拾う。眼鏡を回収しにきた魔女の忠告を聞きながし、早速、接客に使い始めるが……。小さな鞄屋店主が四苦八苦する物語を通して、お客さまとの距離感について学ぼうな本です。



◆感想


 いろいろと示唆に富んでいて面白かったです。
 本書に書いてあることが絶対の正解とは言えないでしょうが、
 お客さまとの付き合い方を考えるきっかけにはできると思います。

 お客さまは神様です。
 お友達のように接すると距離感を縮められます。
 お客さまをコントロールすることが大事です。
 常連さんの意見は大事にしましょう。
 どの顧客にも平等に接するのです。

 売る側と買う側の距離感については、いろいろな意見があります。
 その中のどれが正解かは分かりません。
 極論で言えば、上手くいけば正解、失敗すれば不正解でしょう。
 そして、同じことをやっても、上手くいく人もいれば上手くいかない人もいます。

 結局、自分に合ったやり方、考え方を探すしかないのでしょうけどね。
 その自分に合ったやり方を考えるうえでのヒントにできるはずです。

 主人公のマサト君と同じく自営という立場だからかもしれませんが、
 本書に書いてある内容は、私には受け入れやすかったです。

 最終的に、結果に責任を持つのは自分ですからね。
 「お客さまが言った」ではなく
 「お客さまが言ったことを受け入れると決めた」
 もしくは「お客さまが言ったことを受け入れないと決めた」のように
 主体を自分においておくように意識したいと思います。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、最近いっつも言っている気がしますが
 なんか、くそ寒いですね(〜_〜)

 うぅ、まだ秋を堪能していないのに
 冬が「こんにちは」してきた気がします。

 そろそろ、ベッドをスーパーぬくぬくモードにしましょうかね。
 下は多層式健康パッド・ウール15層の敷き布団とボアシーツ、
 上は羽根布団×2のぬくぬくスーパーコンボを決めて、
 惰眠をむさぼりたいと思います(*´ェ`*)

スポンサーリンク

タグ:竹内謙礼
posted by ササキマコト at 15:39 | ビジネス書