コミック版 人生が変わる 哲学の教室/小川仁志

◆本の内容


主人公のおねーちゃんが会社を辞めて大学院で哲学を学ぶマンガです。



◆感想


 気軽にマンガで哲学に触れような本でした。

 よくある「マンガでビジネス書」っぽい見た目だったので
 もう少しビジネスに寄せてあるかと思ったのですが、
 力いっぱい哲学つまみ食いの本ですね。

 あんまりビジネス書っぽくはないというか
 ビジネスにつながる展開ではありませんでした。

 マンガだから仕方ないとは思いますが、
 中身はあまり濃くありません。
 ソクラテスさんとかの触りの触りを気軽に学ぶ本です。


◆お気に入り度


 星2つ:★★


◆日記とか雑談とか


 さて、今日は雪が降るのですか?
 Google先生の天気予報が雪マークになっていました。

 雪か〜(−−)

 大学時代は毎年ホワイトクリスマスでした(−−)

 力いっぱいホワイトクリスマスでした(−−)

 当時、住んでいたアパートが大学から徒歩2分だったのですけどね。

 大学から家に帰るまでの間で遭難しそうになる位には
 ホワイトクリスマスでした(−−)

 今では良い思い出です(−−)しみじみ

 二度と味わいたくないけど(−−;

スポンサーリンク

タグ:小川仁志
posted by ササキマコト at 07:28 | ビジネス書