ゆきの山荘の惨劇―猫探偵正太郎登場/柴田よしき

◆本の内容


小説家とその飼い猫が友人の結婚式に招かれて山荘に行ったんだけど、土砂崩れで閉じ込められた上に、招待客が毒で死んだり転落死したりでえらいこっちゃになる話です。文字通り「ゆきの山荘」が舞台の王道?ミステリーです。



◆感想


 この小説は、あれですね。
 人間が描けていない( ̄^ ̄)

 ……は、さすがに言い過ぎでしょうか。
 じゃあ、人間が半分くらいしか描けていない( ̄^ ̄)

 タイトルでネタバレしているので補足しておくと、
 後の半分は猫について描かれています。

 主人公は作家の飼い猫です。
 基本的には、こいつの一人称視点で話が進みます。
 内容は、王道の山荘もの……ですが、それは、それ。
 主人公が猫ですからね。
 それに合わせた工夫も見られます。

 後のことは、読んでのお楽しみということで(−−)ノ

 ミステリーが読みたいなーと思って手に取ってミステリーが読めました。
 しかも、王道ですが捻りもあって、安定感がありました。
 満足です。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、クリスマスも終わって、いよいよ年末ですね。
 2016年最後の一週間が始まりました。

 みなさん、今年は何日が仕事納めなのでしょうか?
 例年だと27日とか28日とか29日とかですが、
 今年もそんな感じなのですかね?

 私は、お客さまから何か連絡が来れば対応するし
 何も連絡がなければ何もしない感じです。
 基本的には、コタツでのんべんだらりと過ごします。

スポンサーリンク

タグ:柴田よしき
posted by ササキマコト at 03:05 | 小説