消える密室の殺人―猫探偵正太郎上京/柴田よしき

◆本の内容


同居人の突然の暴走によって何故か東京に連れてこられた正太郎は、そこで殺猫事件&殺人事件に遭遇します。しかも、事実上の密室状態です。ぶっちゃけ、殺人事件はどうでもいいのですけどね。殺猫事件の犯人は許せません。ということで、正太郎は事件の調査を開始します。猫探偵正太郎シリーズ第2弾?です。



◆感想


 『ゆきの山荘の惨劇―猫探偵正太郎登場』の続編です。
 ストーリー的なつながりはありませんが、
 できれば前作から読んであげてください。

 前作を読むことによって、登場人物たちのキャラ設定や
 本シリーズの暗黙の了解的なことが分かります。
 それらを踏まえてから本作を読んだ方が
 ストレスなく読み進められるはずです。
 てか、前作を読んでいないと糸山さんや山県さんの立ち位置が
 分からないと思います。

 正直、ミステリーとしては微妙な気もしなくもなかったのですが、
 人情話(猫情話)として楽しめました。
 無駄にハードボイルドな雰囲気です。
 でも猫だから可愛いです。
 ミステリーのくせに、しんみり、ほっこり、させられました。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、そろそろ正月休みも終わりな雰囲気でしょうか。
 2017年の日常が始まりますね。
 仕事が始まると、毎年「あれ?今って平成何年?」となるのですが
 今年は大丈夫です(−−)☆

 いーな鶏肉(17酉29)

 で覚えました。
 ちなみに「17」は「2017」の「17」ね。

 これで西暦2017年、酉年、平成29年の記憶はバッチリです。

 みなさんも真似して、いーですよ(−∀−)(笑)

スポンサーリンク

タグ:柴田よしき
posted by ササキマコト at 15:34 | 小説