美女と魔物のバッティングセンター/木下半太

◆本の内容


吸血鬼でホストなタケシが雪美という女と知り合って復讐屋をやることになる話です。本作において、吸血鬼・タケシは、ホスト、劇団員、おしゃれカフェの店長、運転手といった様々な職業につき、そして可哀想なことになります。ジャンルは多分コメディです。



◆感想


 期待値が高過ぎたせいか、読後感はイマイチでした。
 今まで読んだ木下半太さんの作品は
 後半のどんでん返しの連続が読みどころでした。
 それを本作でも期待したせいか、う〜ん……。
 個人的に、あの手のオチは「無し」なんだよなぁ。

 客観的に見ると面白いとは思います。
 吸血鬼のくせに妙に人間臭いタケシのキャラは魅力的です。
 「きゃ〜、ステキ〜♪」ではなく「ぷっ、どんまい!」ですけどね。
 本人が至って真面目なのが、余計に笑いを誘います。
 ノリは軽くてB級感丸出しですが、個人的には好みでした。

 それだけに、クライマックスがなぁ……。
 う〜ん(−公−;
 読み手のワガママではありますが、
 もう少し納得できるオチが欲しかったです。
 物語の構造としては上手いのかもしれませんが、
 ストーリーに対する満足度は一気に下がりました。


◆お気に入り度


 星2つ:★★


◆日記とか雑談とか


 さて、今週は3連休だったのですね。
 教えてもらうまで気付きませんでした(−−;

 新成人の皆さん、おめでとうございます。
 後悔しない程度に、お酒を満喫してください(−−)ノ

スポンサーリンク

タグ:木下半太
posted by ササキマコト at 14:03 | 小説