もののけ本所深川事件帖 オサキと骸骨幽霊/高橋由太

◆本の内容


シリーズ第6弾です。時は江戸。オサキと呼ばれる妖狐?に憑かれている周吉の周りで起こる事件の物語です。今回は、お琴へ向けて書いた恋文がなぜか幽霊の手に渡り祝言をあげることになってしまった周吉さんが、奉公先の鵙屋に帰るために四苦八苦するお話です。



◆感想


 オサキが「――剣呑だねぇ。ケケケッ。」と言いそうな内容でした。
 幽霊の正体やあの人との関係は早々と想像がついてしまいましたが、
 ミステリーとして読んではいないのでドンマイです。

 本作では、一作目から登場しているあの人にスポットライトが当たります。
 さすが年の功、いろいろと重い人生を歩んでいましたね。
 スピンオフ的な面白さがありました。

 一方で、周吉さんが相変わらずでした。
 周吉さん関連の話も少しは動かしてほしいなぁ。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、1月が終わりますね(ノ∀`)
 もう2017年の12分の1が終わったと思うと、
 焦りますわ〜(−−A
 こうやって、年々時間が経つのが速くなるのでしょうね。

 とはいえ、1月の目標は無事、達成できましたヾ(´∀`)ノ
 「2月の目標は、もう少し上乗せしようかな〜」と調子に乗っています。
 2月もぼへぼへと頑張りますじぇいっ(−−)☆

スポンサーリンク

タグ:高橋由太
posted by ササキマコト at 07:25 | 小説