退職刑事 (4)/都筑道夫

◆本の内容


安楽椅子探偵もののミステリー短編集です。現職刑事の息子やその他の人が持ち込む謎を退職刑事の父親が解きます。



◆感想


 登場人物が増えましたね。
 伝聞調なので、事件に対する登場人物は以前から多かったのですが、
 実際の登場人物(事件の語り手とか)も1巻に比べたら増えました。

 このシリーズを読んだことがない人は、
 『退職刑事 (1)』から読んだ方が良いと思います。
 1巻はシンプルに退職刑事と現職刑事しか出てこないので
 違いや移り変わりが掴めて面白いはずです。

 とはいえ、私は少しだけ、このシリーズに飽きてきました。
 少し間をおいてから、他の作品を読むか決めようと思います。


◆お気に入り度


 星2つ:★★


◆日記とか雑談とか


 さて、なんか微妙に身体がダルいです(−公−;
 インフルエンザではないと思いますが、
 眠くて眠くて仕方がありません(−−)Zzz・・・
 いつも眠いといえば眠いのですが、いつも以上に眠いのです。

 大丈夫だとは思うのですけどね。

 無理をする方が結果として高くつくことが多いので、
 今日は美味しい物を食べて、さっさと寝ます(*´ェ`*)

スポンサーリンク

タグ:都筑道夫
posted by ササキマコト at 15:26 | 小説