彼氏にフラれ仕事もクビ。人生詰んだので「成功の経済学」で運命変えることにした。/柊りおん

◆本の内容


小説形式で行動経済学に触れてみよ〜な本です。プロのジャズピアニストを目指しているおねーちゃんがイケメンメガネの指導で自分の心の持ちようを見直す話です。仕事は派遣、彼氏にも振られ、他にもいろいろと踏んだり蹴ったりな状況の彼女でしたが、行動経済学を学んだことによって、力強くしなやかな未来を感じさせる女性に成長しました。めでたし、めでたし。



◆感想


 久しぶりに見つけた小説形式のビジネス書です。
 小説形式という時点で内容も確認せずに即買いしました。

 どれどれ、どんな話なんだい(−−?

 ふむふむ(−−)

 行動経済学の話でした。
 不勉強ながら私は「行動経済学」という分野を初めて知りました。
 「経済」と付いていますが、あまり経済っぽい雰囲気はありません。
 「経済学」というよりは「心理学」の方が実態に近いと思います。

 もともと私は心理学関係が好きなので、楽しく読めました。
 物事の捉え方に関する話が多かったので、
 現状に煮詰まっている方はヒントにできるかもしれません。

 また、小説として見ると、無難に面白かったです。
 もちろん100%娯楽の小説と比べるのは無理がありますが、
 この手の本にありがちな「小説の振りをした、ただの説明」なんてことはなく
 きちんと小説として成立していました。

 個人的な笑いどころは師匠役のイケメンメガネです。
 こいつがギャップ萌え要素を含んだツンデレやろーでした。

 言動を見るかぎり、こいつは主人公のおねーちゃんを
 口説こうとしているようにしか見えません。
 「へー、師匠が弟子をナンパするなんて斬新!」と
 変なところで感動しました……が(ノ∀`)

 結末は読んでみてのお楽しみですかね。
 頑張れよ、イケメンメガネ(´−ω−`)

◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、4月に入りましたね。
 新年度に入って気分一新!
 2017年度も、ゆるく頑張りましょう!

 意外に思う人もいるでしょうが、
 何気に私は、やる気が長期間持続しないタイプです。
 そこで意図的に区切りをつけて気持ちを入れ直すようにしています。
 「三日坊主、10個やれば一カ月!」な方針です。

 「三日坊主」という言葉は良くない意味で使われることが多いですが、
 三日も熱中できれば十分だと思うのですよ。

 三日間ガッツリと熱中して飽きたら、やるのを止めます。
 そして、違うことを三日間ガッツリと熱中します。

 また三日間ガッツリと熱中して飽きたら、やるのを止めます。
 そして、また違うことを三日間ガッツリと熱中します。

 それを10個もやれば一カ月が終わります。
 一カ月も経てば、最初にやって飽きたことにも
 また興味が湧いてきます。

 それを1年間繰り返したら、どうでしょう。
 36日間(3日×12か月)も熱中したことが1年間で10個もできる理屈です。

 さすがに、これは極端な例えですけどね。
 自分の中で細かく区切りをつけることで、
 気持ちを入れ直すことができるのです。

 ということで、年度の変わり目は良い区切りです。
 また飽きるまで、スタートダッシュで突っ走ります(−−)☆

スポンサーリンク

タグ:柊りおん
posted by ササキマコト at 03:11 | ビジネス書