JC科学捜査官 雛菊こまりと "ひとりかくれんぼ"殺人事件/上甲宣之

◆本の内容


科学捜査官見習いとして兵庫県警にやってきた天才女子中学生が先輩たちと協力して?オカルト事件の謎に迫る物語です。ミステリー風味のライトノベル風味の刑事ものといったところでしょうか。



◆感想


 あれ?
 上甲さん、筆力が上がった(−−?

 過去作の良くも悪くもぶっ飛んだB級路線(褒め言葉)と比べると
 大分まとも……と言っちゃ失礼ですね、こなれた印象を受けました。

 ミステリー……としては、あの犯人は反則だと思うけど
 ミステリーっぽい要素も入っていたし、
 いつもの「勢いで押し切ろう!」感はあまり感じなかったし、
 普通の作家さんみたいでした。

 いや、もちろん普通の作家さんなんですけどね。

 題材が題材だけに小難しいウンチクが多くて
 そこら辺を全部華麗に読み飛ばしたり、
 女子中学生という設定が全く活かされていなかったり
 粗を感じないわけではありませんでしたが、
 こまりちゃんが可愛かったので良しとしましょう。

 いつものぶっ飛び具合を期待していたので若干の肩透かし感はありましたが
 楽しめました。

 ……が、好みは分かれると思います。
 創作ラーメンライスみたいな作品ですよ。

◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、今週は「キリッ(−−)☆」と週間にする予定です。
 宿題が溜まってきたので、今週・来週で一気にやっつけます!

 少しずつ理想に近づいてきてはいるのですが
 まだまだ働かざる者食うべからず状態です(´・ω・`)

 働かないで暮らせる生活を目指して
 ぼちぼち頑張りまっすp(−−)q

スポンサーリンク

タグ:上甲宣之
posted by ササキマコト at 05:55 | 小説