給料戦争/竹内謙礼、青木寿幸

◆本の内容


お人よしの会社員・浅野は、出張先のラオスで、終戦間際の時代からタイムスリップしてきた日本兵・花沢を拾った。放っておくわけにもいかず、花沢と一緒に暮らすことにした浅野だったが……。浅野が会社員生活に悩み、恋人の由美子がアドバイスし、花沢が意外と鋭い疑問を差し挟む、そんな物語を通して人事や給与体系、転職などの基礎が学べるビジネス戦略ノベルです。



◆感想


 位置付けはビジネスノベルですが、
 普通に小説として楽しめました。

 タイムスリップしてきた日本兵・花沢のキャラが良いですね。
 現代にタイムスリップしてきて6日目で
 「価格コムのサイトを見ていたら……つい、興味が出てきてしまって」とか
 言い出します。

 タイムスリップしてきて6日目ですよ、6日目。
 順応性、高いな!Σ( ̄◇ ̄;

 他にも「祖国に戻り……『アキバ』という街に行ってみたいのです」とか
 ツッコミどころが多過ぎだろ、こいつ(ノ∀`)

 面白かったです。

 ビジネス書として見ると、知っている内容ばかりでした。
 社会人としての基礎を「つまみ食い」するイメージですね。
 しっかり知識として活用するには、
 他のところで情報を補完する必要があります。

 とはいえ、小説を読むのに抵抗がないのであれば、
 試しに読んでみてはいかがでしょう。
 普通に小説としても楽しめますし、何となくの勉強にもなると思います。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、今週は「キリッ(−−)☆」と週間です。
 頑張ってます(−−)☆
 予定が立て込んでおります(;−−)☆

 今予定している作業は4月中に全部終わらせて
 5月は1ヵ月丸々オフってやろうかな〜と画策中です。

 ということで5月にバカンスモードに入るためにも
 4月は頑張りまっすp(−−)q

スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 09:08 | ビジネス書