掟上今日子の婚姻届/西尾維新

◆本の内容


忘却探偵シリーズ第六弾です。今回は、あの人が結婚の「危機」に陥ります。



◆感想


 タイトルと表紙を見て「今日子さんが結婚?!Σ( ̄◇ ̄;」と思ったら
 全然そんなことはありませんでした。

 またかよ(−。−)
 『掟上今日子の退職願』に続けて2度目の肩透かしを喰らいました。

 今回は厄介君を中心に(?)話が進みます。
 厄介君、冤罪体質に拍車が……と言っていいのか分かりませんが、
 変な人を惹きつける能力もあるのですね。
 ご愁傷様です(−人−)

 彼の不幸は他人事だと笑えるから好きです。
 自分がなるのは絶対イヤですけどね(−3−)〜♪

 シリーズとして前に進んでいるのかは分かりませんが、
 取りあえず、次作以降も惰性で読み続けると思います。

◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、4月も終わりが見えてきてラストスパートです。
 オレ、今の仕事が終わったら1ヵ月くらい遊びほうけるんだっ。

 華麗に死亡フラグを立てたところで、
 今日も元気に、ぼへぼへ頑張りまっすヾ(´∀`)ノ

 とか冗談めかして書いていますけどね(−−)b

 何気に今日・明日がホントに勝負所です(ノ∀`)

スポンサーリンク

タグ:西尾維新
posted by ササキマコト at 12:45 | 小説