パレードの明暗 座間味くんの推理/石持浅海

◆本の内容


座間味くんが帰ってきた。『月の扉』で「座間味くん」と呼ばれていた「彼」と友人の大迫警視長、さらに今回は女性巡査の南谷結月ちゃんが加わって、飲む、食べる、話す、を楽しむ、妄想型ミステリー短編集です。



◆感想


 座間味くんシリーズを取り上げる度に言っている気もしますが、
 できれば『月の扉』を先に読んであげてください。
 登場人物に対する思い入れが変わってくると思います。

 内容は水戸黄門形式のミステリー短編です。
 座間味くんとその友人の警視長、そして期待のニューフェイスで飲みに行きます。
 そこで、ちょっとしたきっかけから過去の事件の話が始まり、
 ひと段落したところで座間味くんが思いもよらない解釈を提示し、
 「な、なんだって〜!」となって締めるまでが、お約束です。

 ミステリーといっても、スッキリした解答があるわけではありません。
 ご注意ください。
 座間味くんの「思いもよらない視点から導き出された推論」が楽しみどころです。

 個人的には今回登場したゲストキャラの性格が好みでした。
 最初は雲の上の警視長との飲み会に緊張しまくりだったのが、
 回を重ねるにつれて気が緩んでくるところが微笑ましかったです。

◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、ゴールデンウィーク真っ只中ですね。
 とはいえ、平日といえば平日です。

 みなさんは今日もお休みでしょうか?
 それとも、お仕事だったりするのですかね?(−−;

 今日と明日を「どーせ休んでるでしょ?」と考えるか
 「平日だから働いてるでしょ?」と考えるかで
 その会社の社風が見えてくる気がします。

 「どーせ休んでるでしょ?」と考える会社さんは気配が消えますが
 「平日だから働いてるでしょ?」と考える会社さんからは
 ふっつーに対応依頼の連絡とかが来ますからね。

 それを見て「あぁ、この会社さんは、こんな社風か……」としみじみするのが
 この時期の個人的な楽しみです。

スポンサーリンク

タグ:石持浅海
posted by ササキマコト at 07:50 | 小説