モップの精は旅に出る/近藤史恵

◆本の内容


お掃除おねーさんのキリコが彼女の職場(といっても毎回変わるわけですが)で起きるちょっとした事件を事件の当事者と共に華麗に解決する安楽椅子探偵物の短編小説です。基本的には、当事者の周りで事件が起こる→当事者悩む→キリコと遭遇し何故か仲良しになる→キリコ推理する、な流れで話が進みます。



◆感想


 おっ!このシリーズ、まだ続いていたんだ。
 ……と思ったら、シリーズ最終巻ですか(´・ω・`)

 シリーズ物ですが、基本的には一話完結です。
 いきなり本作を読み始めても楽しめます。

 ……が、最後の話だけは少し毛色が違います。
 ある意味ではシリーズの締めとなる話です。
 今までの経緯を知らないと、思い入れが半減する分、面白さも半減します。

 最後の話も100%楽しみたい方は、
 できれば過去作を読んでから本書を読んであげてください。

 前作を読んだのが5年以上前のせいか無性に懐かしさを覚えました。
 本の内容うんぬんよりも、このシリーズを再び読めたのが嬉しかったです。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、5月も半分終わって折り返しました。
 5月後半はガッツリモードで行きます!

 ……気力が萎えなかったら(−。−)ぼそっ

 実は6月は丸一カ月バカンス……というわけではないですが
 仕事を入れないで前からやりたかったことを集中してやるつもりです。

 そのための余裕を作るためにも
 5月の後半戦はガッツリ頑張りまっす!(−−)☆

 ……気力が萎えなかったら(−。−)ぼそっ

スポンサーリンク

タグ:近藤史恵
posted by ササキマコト at 15:55 | 小説