化石少女/麻耶雄嵩

◆本の内容


学校で殺人事件が起こり、古生物部の女部長が素人探偵バンザイな感じでトンチンカンな?推理を披露し、お守り役の後輩がそれに振り回される話です。



◆感想


 (良い意味で)性格の悪い麻耶さんだからと期待し過ぎたようです。
 「いつ面白くなるかな〜?」と思いながら我慢しながら読み続けたら
 そのまんま読み終わってしまいました(´・ω・`)

 エピローグで申し訳程度に、ごにょごにょしていましたけどね。
 麻耶さんの性格の悪さを期待して読むとガッカリするかもしれません。

 登場人物の掛け合いなんかに注目して読めば楽しめたのでしょうが、
 ミステリーとしての期待値が高すぎたせいか、
 読み終えた後の満足感は少なかったです。


◆お気に入り度


 星1つ:★


◆日記とか雑談とか


 さて、お仕事関係では久しぶりに、
 本格的に「イラッ!(−−#」としています。

 こんなことでは、いけませんね。
 深呼吸でもして気を落ちつけようと思います。

 す〜\(−3−)/

 は〜\(−O−)/

 す〜\(−3−)/

 は〜\(−O−)/

 ……(−−)

 イラッ!!(−−#

スポンサーリンク

タグ:麻耶雄嵩
posted by ササキマコト at 11:53 | 小説