透明カメレオン/道尾秀介

◆本の内容


見た目はちんちくりん、声は美声、ラジオパーソナリティの恭太郎は今夜もいきつけのバー「if」で仲間と飲んでいた。そこに、ずぶ濡れの美少女が飛び込んできたのが日常の終わり。ひょんなきっかけで美少女から脅迫されることになった恭太郎と仲間たちは、彼女の言われるままに「とある計画」を手伝わされる。その計画とは、ある人物の殺害計画だったのだが……。みたいな話です。



◆感想


 最初はボーイ・ミーツ・ガールっぽい雰囲気でドタバタ、
 読み進めるうちに違和感のある描写が増えてきて不穏、
 そうかと思えばクライマックスは勢い重視でハチャメチャ、
 それがエンディングで、しんみり、ほっこり、うるうるになりました。

 さすがは道尾さんですね。
 面白かったです。

 ……が、欲を言えばエピローグの尺を、もう少し長く取って欲しかったです。
 あれはあれで余韻の残る終わり方で好きなのですが、
 もう少し2人のイチャイチャっぷりが見たかったな〜と思いました。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、若干「イラッ!(−−#」としていた仕事も一区切りついて、
 やっとこさ、やりたいことを始められそうな雰囲気が出てきました。
 やったー!自由だー!\(≧▽≦)/

 まぁ、5月も残り少ないのですけどね(´・ω・`)

 邪魔が入らない環境を用意するために
 5月は仕事を入れないようにしていたのですが、
 4月中を予定していた仕事に、ここまで引っ張られました(´・ω・`)

 こんなんだったら、他のお仕事を断らなければ良かったですよ(´;ω;`)

 ……とか嘆いても始まりませんね(−−ゞ
 気合を入れ直して、取り戻します(−−)☆

 ちなみに、やりたかったことはですね。

 内緒です(−m−)

 なんつって。

 まずは時間を気にせずグータラします(*´ェ`*)

 あとは月々の収入を増やすためにやる作業が溜まっているので、
 それを一気に終わらせます。

 順調に進めば、7月以降の生活は、かなり楽になるはずなのです(−m−)

 ぐへへへへ(−皿−)

スポンサーリンク

タグ:道尾秀介
posted by ササキマコト at 07:54 | 小説