帰ってきた腕貫探偵/西澤保彦

◆本の内容


「市民サーヴィス課臨時出張所」の職員にして腕貫はめた名探偵、本名はいまだ謎、そんなカレが市民の悩みをたちどころに解決する短編ミステリーです。相談者の悩みを解決する形で事件を解く安楽椅子探偵ものです。



◆感想


 「帰ってきた」って、どこかに行っていたのでしょうか。
 久しぶりに読んだ腕貫探偵シリーズです。
 今回は短編集でした。4編収録されています。

 個人的なお気に入りはダントツで「毒薬の輪廻」です。
 構成の巧みさが秀逸で、ほれぼれしました。
 トリック自体は普通といえば普通ですけどね。
 作品としての完成度は、めっちゃ高いと思います。

 他の作品は、まぁ、それなりに。
 面白くなかったわけではありませんが、
 私の心は「毒薬の輪廻」に持っていかれてしまいました。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、今週の土日は「引きこもりモード・極」です。
 今シーズンの冷房デビューを果たしました。
 快適な我が家から一歩も出ずに、わわわIT用語辞典を更新したり
 読書したりの日々を過ごします(−−)☆

 幸せ(*´ェ`*)

スポンサーリンク

タグ:西澤保彦
posted by ササキマコト at 16:44 | 小説