マカロンはマカロン/近藤史恵

◆本の内容


フランス料理のビストロが舞台の、甘くてほろ苦い日常の謎系ミステリーです。料理にまつわる謎を(初期に比べて)キャラが丸くなった感のある変人シェフが調理します。何気にシリーズ物です。



◆感想


 近藤さんのシリーズ物は忘れた頃に続きが出ますね(笑)
 このシリーズは安定感があるので好きです(*´ェ`*)
 日常の謎系ミステリーとしては王道の構成になっていて、
 「重くないミステリーが読みたいな〜」と思ったときに
 しっかりと満足させてくれます。
 本作も期待通りに楽しませてくれました。

 ちなみに、シリーズ物ですが過去作を読んでいなくても楽しめます。
 ヴァン・ショーの登場に唐突感を感じるかもしれませんが、それくらいです。
 本作単体でも作品としては成り立っています。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、最近、Youtubeで動画を見ながら作業をしています。

 これがですね。

 なかなかにリスキーです(^^ゞ

 常に気分転換しながらやってるようなものですからね。
 精神的な疲労は、かなり軽減されています。
 丸一日パソコンをぺちぺちやっていても
 そこまで疲れた感じはありません。

 その代わり作業の効率は落ちます。
 当然ですね。
 集中しないでやっているわけですから。

 そこまでは良いのです。
 作業効率が落ちるのは計算内です。
 私にとっては「作業してる感」が減ることによるメリットの方が大きいのです。

 それでは何がリスキーなのか。

 ……(−−)

 たまにメッチャ興味が湧く動画があると、ついつい見入ってしまいます(ノ∀`)
 気が付くと1時間とか平気で過ぎているのですよね。

 (誘惑に弱い私には)リスキーです(−−ゞ

スポンサーリンク

タグ:近藤史恵
posted by ササキマコト at 12:18 | 小説