公開処刑人 森のくまさん ―お嬢さん、お逃げなさい―/堀内公太郎

◆本の内容


二代目・森くま登場!『公開処刑人 森のくまさん』シリーズ?二作目です。前作でも登場したあの娘が主人公です。



◆感想


 ミステリーとしては可もなく不可もなく、
 小説としては「安定感:○」な感じでした。
 2つの流れで物語が進むのですが、その2つの関連性が
 かなり早い段階で推測できちゃったのですよね。
 そのため終盤の流れは「あぁ、やっぱり」でした。
 ありがちといえばありがちな気がします。

 ……と思わせておいて、おぉ!Σ( ̄◇ ̄;
 前作を読んでいると少しだけ「なるほどね」感が出そうな仕込みですね。

 本書は前作を読んでいなくても楽しめますが、
 前作を読んでいた方がより楽しめると思います。
 是非、前作『公開処刑人 森のくまさん』から読んであげてください。

◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、今日は、まったりのんびりデーです。
 力いっぱいグータラしまっす!(−−)☆

 とりあえずは積読本の消化ですね。
 勢いで買ってそのまま部屋の隅で出番を待っている本が多くなってきたので
 それと戯れることにします。

 今日も幸せな一日になりそうだわい(*´ェ`*)ぐへへ

スポンサーリンク

タグ:堀内公太郎
posted by ササキマコト at 08:22 | 小説