君の色に耳をすまして/小川晴央

◆本の内容


声を聞くと相手の感情が色で見えてしまう芸大生・杉野誠一は声を持たない女の子と出会った。彼女は、とある頼みを聞いてもらう代わりに杉野の映像制作を手伝いたいと主張する。なんやかんやで手伝ってもらうことになった杉野は徐々に彼女に惹かれるが……みたいな物語です。



◆感想


 面白かったです(*´ェ`*)
 前半は主人公のへたれっぷりに笑わせていただきました。
 後半はあの人のアレっぷりに驚愕させていただきました。
 前半と後半の温度差が好みでした。

 とか言いつつ、個人的には前作『僕が七不思議になったわけ』の方が
 好きだったりしますけどね(−。−)ぼそっ

 そのせいで期待値が上がりすぎていました(^^ゞ
 読み終わった直後は「普通に面白かったけど普通だな(−−)」と思いましたが
 冷静になって考えれば平均よりも面白かったです。

 Amazonさんの評価を見ても前作より高評価な人もいましたしね。
 個人の好みの問題だと思います。

◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、今日は元気にお勉強デーです。
 ちょっくらコンピュータ関係の勉強会っぽいことをしてきます。

 ということで今日の私は「キリッ(−−)☆」としているのです。

 キリッ(−−)☆


 ……(−−)


 ……ねむい(−−)

スポンサーリンク

タグ:小川晴央
posted by ササキマコト at 08:00 | 小説