マンガでやさしくわかる学習する組織/小田理一郎

◆本の内容


学習する組織――システム思考で未来を創造する』のエッセンスをマンガと文章で感じてみような本です。



◆感想


 マンガ形式にすれば、それだけで読みやすくなると思うなよー!

 肝となる部分は文章で説明されています。
 内容の良し悪しは置いておいて
 「マンガなら読んでみようかな?」と思った方は
 止めておいた方が良いかもしれません。

 マンガを挟んだことで原典よりは読みやすくなっているのでしょうけどね。
 マンガにするなら頑張ってマンガの中で説明してもらいたいなーと思いました。


◆お気に入り度


 星2つ:★★


◆日記とか雑談とか


 さて、昨日は自分的にスゴい夢を見ました。

 なんと!

 夢の中で夢を見たのです!

 トイレに行く夢を見ましてね。
 トイレでおしっこをしながら、なんとなく
 「これが夢なら、おもらしするパターンだな」と思ったのです。
 その瞬間、唐突に「あれ?これは夢なのでは?!」と感じ、
 試しに「おーい!自分!起きろー!」と念じてみたところ……起きました。

 起きたのは合宿所です。
 私は昔、サッカーをやっていたのですが、
 その当時に合宿した場所で寝ていました。
 周りを見回すとチームメンバーが寝息を立てています。
 おもらしは、していませんでした。
 よかったー!

 ……という夢を見ました。

 覚えているかぎりは人生初です。
 40年近く生きてきて、生まれて初めて夢の中で夢を見ました。

 ちなみに、その後は感動に打ち震えながら二度寝しました。
 夢の内容よりも幸せな睡眠の方が大事(−−)Zzz・・・

スポンサーリンク

タグ:小田理一郎
posted by ササキマコト at 06:04 | ビジネス書