ミリオネアの遺産/マークフィッシャー

◆本の内容


ミリオネアが忘れた手袋を届けるためにミリオネアの家に行ったリムジンの運転手が、ドアが開いていたので勝手にミリオネアの部屋に入って机の上にあった「ミリオネアの遺書」を読んじゃう話です。『成功の掟―若きミリオネア物語』『ミリオネアの秘密―成功の掟〈第2章〉』の続編です。



◆感想


 一応、物語形式といえば物語形式ですけどね。
 基本的にはミリオネアの書いた遺書(という名のメッセージ)を
 若者が読むだけの話でした。
 あまり物語っぽい感じは、ありません。

 込められているメッセージは前二作と同じです。
 個人的には1作目の『成功の掟―若きミリオネア物語』の方が楽しめました。

 まずは『成功の掟―若きミリオネア物語』を読んで
 寓話に込められたメッセージに共感できたら
 復習を兼ねて本作を読めば良いと思います。


◆お気に入り度


 星2つ:★★


◆日記とか雑談とか


 さて、困ったことに「キリッ!(−−)☆」としていたら
 こんな時間になってしまいました。

 寝るタイミングを逃した(−−;

 まぁ、その分、明日(というか今日)やるつもりだったことが
 半分くらい終わったので良しとします。

 いや〜、それにしても我ながら惚れ惚れする進み具合です。
 さすが私ですね!( ̄ー ̄)

 自画自賛してテンションを上げつつ
 満足して今日を締めくくりたいと思います。

 よーし!寝るぞぉ\(≧▽≦)/

スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 02:46 | ビジネス書