女王はかえらない/降田天

◆本の内容


とある小学校のとあるクラスにおけるスクールカーストの物語です。クラスの女王・マキの周りには人が集まり、その一挙手一投足に皆が注目していた。しかし、ある日、東京からの転校生・エリカの手によって状況が覆る。容姿端麗で勉強もできるエリカに惹かれる者があらわれ、エリカは新女王と呼べる地位を確立した。そこから始まる女王と女王の戦い。戦いは徐々に激しさを増すが……?みたいな話です。



◆感想


 面白かったです。
 一発でドカーン!ではなく細かい連打を積み重ねていく感じでした。

 ぶっちゃけ、ひとつひとつのトリックに意外性はありません。
 ミステリーが好きな人なら、どこかで1回は見たであろうトリックばかりです。

 ですが、それを「これでもかー!これでもかー!」とぶつけることによって
 どんでん返しな雰囲気を演出していました。

 トリックとしての意外性が欲しい人は
 物足りなく感じるかもしれませんけどね。
 私は様式美的な面白さを感じました。

 読ませる力もあると思うのですよ。
 ミステリーとしては種まきであるはずの第一部も
 スクールカーストのドロドロ感が感じられて良かったです。

 機会を見つけて他の作品も読んでみようと思います。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、今日は晴れているのでプレミアム洗濯デーにします。
 「プレミアム」なので、いつもより豪華です。
 洗剤ドバー、柔軟剤ドバー、で泡ブクブク1.5倍モードで洗います!

 ……というのは冗談ですけどね(−−ゞ
 いつもの量で普通に洗います。

 さぁ、唸れ!すーぱーさいくろんヾ(−−ゞ)

 ホコリとか汗とかを一掃するのだぁ!(ノ−−)ノ

 電源ポチっ(−−)σ

 洗濯していたのを忘れて干さないまま外出しないように気を付けるのが
 今日の目標です(−−)b

スポンサーリンク

タグ:降田天
posted by ササキマコト at 09:50 | 小説