作家刑事毒島/中山七里

◆本の内容


作家絡みの殺人事件が起きる→刑事の明日香が作家兼警察関係者の毒島にアドバイスを求める→毒島が底意地悪く事件を解決する、な構成の連作短編ミステリーです。毒島のおっさんは、めっちゃ「イイ性格」をしています。



◆感想


 ぶぁっはっはっは!(≧▽≦;)
 主人公?の毒島さんが、とっても「イイ性格」でした。
 実際に自分の身近にいたら心の底から嫌だけど
 友だちの友だちあたりにいて話を聞く分にはメッチャ面白い系のおっさんです。

 短編なので読み味も軽くて好みでした。
 中山七里さんの作品は後半のどんでん返しが魅力のひとつですが
 長編だとそこに至るまでに少しダレることもあったりなかったりします。
 短編だとダレる前に結末に辿りつけてサクサク読めました。

 それにしても毒島のおっさんは……ウケる(≧m≦)
 かなり底意地が悪いので好き嫌いは分かれるでしょうが
 個人的には好みでした。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、今日は節分ですね。
 スーパーに行けば恵方巻きがお高い価格で置いてあるのでしょう。
 豆を投げたり食べたりするのでしょう。

 まぁ、私には無関係なイベントです(−−)

 私が子どもの頃住んでいた地域では
 豆まきイベントでは落花生を使っていました。

 しかし、私は落花生とかピーナッツとかアーモンドとかが
 好きではないのです(−−)

 美味しい食べ物と結びつかないイベントに子どもが興味を示すはずがありません。

 ということで私の中では「節分?あぁ豆ね(−A−)けっ」みたいなイメージです。

スポンサーリンク

タグ:中山七里
posted by ササキマコト at 12:41 | 小説