極限冷蔵庫/木下半太

◆本の内容


女子大生の詩乃は居酒屋バイトの閉店作業中に店長と共に業務用冷蔵庫に閉じ込められた。最初は事故かと思った詩乃だが、なぜか庫内の温度が下がっていく。誰かが私たちを殺そうとしているのか?命の危険を感じた詩乃と店長は冷蔵庫を操作している人物を特定して説得しようと試みるが……。業務用冷蔵庫に閉じ込められた2人の会話と回想と独白で進む物語です。



◆感想


 前作の『極限トランク』よりパワーアップしていました。

 前作は閉じ込められたのが1人でしたが本作は2人です。
 閉じ込められた者同士の「会話」が要素として追加されています。

 また、詳細を書くと前作のネタバレになるので控えますが、
 後半部分が前作よりもパワーアップしているように感じました。
 多少、荒唐無稽で強引な持っていき方ではありましたが
 読み手を楽しませようという気持ちが感じられて良かったです。

 「ちょっとご都合主義かな?」と感じる部分はありましたけどね。
 個人的には楽しめました。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、今日はジャンプデーです。
 つまり、月曜日です(−−)b

 ……(−−)

 あとは何を書きましょうね?

 たまに、こういう日があります。
 書くことが綺麗サッパリ何も思い浮かばない日です。

 まぁ、これしきのことで私は慌てませんけどね。
 なぜなら「書くことがなくても適当に踊っておけば誤魔化せるだろう」とか
 思っているからです。

 よっ!ヾ(−−ヾ)

 ほっ!(ノ−−)ノ

 はぁ!\(−−)/

 今日も一日、適当に頑張りまっす(−−)ノ

スポンサーリンク

タグ:木下半太
posted by ササキマコト at 07:20 | 小説