座敷童子の代理人/仁科裕貴

◆本の内容


妖怪ものを好んで書く(売れない)小説家の緒方司貴は、良質なネタを求めて、妖怪がいるという噂の遠野の旅館「迷家荘」を訪れた。ところがどっこい、なぜか「座敷童子の代理人」として妖怪たちの悩みを解決することになり……。ここから先は何を書いてもネタバレになりそうなので内緒です(−m−)



◆感想


 同じ著者の『罪色の環 ―リジャッジメント―』と『初恋ロスタイム』が好みだったので
 読んでみました。

 結果!
 この作品も好みでした(*´ェ`*)

 とはいえ、どこが好みだったかを書くとネタバレになりそうです。
 強いて言えば後半の怒涛の展開ですかね。
 たたみかけるような感じが好みでした。

 文章も読みやすくライトノベルらしいライトノベルでした。
 「よーし!シリーズ全部、読むぞー!」と思うくらいには面白かったです。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、今日は久しぶりに昼夜逆転生活になっています。
 寝たのが朝の4時で、起きたのが昼の11時半なのです。

 起きた直後は「あ〜、睡眠が足りてないな〜」と思ったのですが
 よく考えたら7時間半は寝ていますね。

 でも、まぁ、気分的には寝足りない(−−)Zzz……

 昼寝でもしたい気分ですが、ここは「ぐっp(>へ<)q」と我慢です。

 この眠さを維持しつつ今夜21時くらいに寝れば
 明日は5時から6時くらいに目が覚めて朝型になるでしょう。

 完璧な計算です(−−)☆
 今とっても眠いことに目をつぶれば(つ_−)


 ……目をつぶったら寝ちゃうやないかいっ(−−)ノ゛ぺちっ(自分ツッコミ)


 てか、つぶる前に、まず開けやっ(−−)ノ゛ぺちっ(さらに自分ツッコミ)

スポンサーリンク

タグ:仁科裕貴
posted by ササキマコト at 13:02 | 小説