ダース・ヴェイダーと仲間たち/ジェフリー・ブラウン

◆本の内容


シュゴーシュゴー。私の名はダース・ヴェイダー。泣く子も黙る暗黒卿である。なんか人が増えてないか?私の影が薄くなるではないか。シュゴーシュゴー。もともとはダース・ヴェイダーが子育てをする絵本です。「ダース・ヴェイダーとルーク(4才)」「ダース・ヴェイダーとプリンセス・レイア」「おやすみなさいダース・ヴェイダー」に続くシリーズ四作目です。



◆感想


 ぷぷっ(^m^)
 相変わらず、このシリーズの世界観は笑えるなぁ(ノ∀`)

 若干ネタ切れ感を感じないでもありませんが、
 シリーズ4作目ですからね。
 仕方がないのでしょう。

 スターウォーズを見ていないと分からないネタもあります。
 そこを許容できるか否かで本作の評価は変わってくると思います。

 私は本作もそれなり以上に楽しめました。
 ただ……やっぱり……1作目が一番インパクトがありましたね。
 シリーズの中では「ダース・ヴェイダーとルーク(4才)」が一番好きです。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、今日は自画自賛デーです。

 パスタが100グラムだけ残っていましてね。
 100グラムだと食べ足りないので追加分を買ってきました。

 しかし、このとき、私は既に大きなミスを犯していたのです。

 なんと!

 新旧パスタの「茹で時間」が違いました(−−;

 家にあったパスタは茹で時間が8分です。
 それに対して新しく買ってきたのは4分だったのです。

 2回に分けて茹でるのは面倒くさい(−A−)

 ……(−−)

 最初に茹で時間8分のやつを入れて4分後に茹で時間4分のやつを入れたら
 良い感じにならないかな(−−?

 ダメ元で試してみたところ、なんか良い感じになりました。

 さすがは私です(−−)☆
 予期せぬ醤油切れを華麗にポン酢で乗り切ったり、
 ピンチになってからのアドリブ力には目を見張るものがありますね。

スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 14:06 | その他